面接で好印象を与えるコートやくつ、バッグとは?

転職となると、4月から仕事が始まるとは限りませんよね。

年明け1月から心機一転、新しい職場で頑張るという方もいらしゃるでしょうし、

それぞれの事情で、転職の時期はさまざまですね。

これから肌寒い季節、面接のときのスーツは用意したけれど、

コートは何でもいいのかな?なんて不安なあなた。

コートやその他小物類は、どんなものを用意するべきか、お伝えします。

 

コートは面接用に用意するべき?

就職した後も、スーツを着用して仕事をするならば、

ビジネス用のコートを用意されておく方が良いかもしれません。

ですが、1っっっ回だけ。面接のためだけ。

というならば、そこまで用意する必要はないかもしれません。

 

というのも、コートは、

会社のある建物の中に入る前に脱ぐのがマナーだからです。

しかも、脱いだ後は裏地を表にしてたたむのが最近のマナーの主流のよう。

外のチリやほこりを中に持ち込まない配慮からとのこと。

(これについては、ちょっと一言あるのですが・・・)

 

ですが、あまりに個性的だったり、デザイン性がありおしゃれが過ぎて、

裏返していてもおしゃれ着だなとわかってしまうものは避けた方がよいでしょう。

 

新たに用意されるにしても、手持ちのコートの中から選ばれるにしてもおすすめは、

黒、紺、ベージュ、グレーのベーシックカラーの物ですね。

トレンチコートは定番でジャケットの上からでも着やすいと思います。

シンプルなデザインで、ベーシックカラーのコートであれば問題ありません。

ヒールが苦手!靴はどうしたらいい?

ヒールのある靴が苦手という方もいらっしゃいますよね。

ですが、残念ながらフォーマルな装いでは、

女性の靴はヒールがある方が良いとされます。

 

 

今、苦手だという方も、3cmヒールくらいから慣らしてみてください。

面接時の目安は5cmヒールです。

7cmのヒールが一番女性の足を綺麗に見せてくれるともいわれますが、

歩く時に膝が出てしまったり、歩き方が綺麗ではなくなってしまうと意味がないので、

美しく歩けるヒールの高さも、試着して見極めてくださいね。

 

ちなみに、ビジネス向けには歩きやすいパンプスのブランドがあります。

それぞれに違いがありますので、試着してご自身に合う方を選ばれると良いですね。

アシックス ウィメンズウォーキング

ワコール サクセスウォーク

 

色は黒、素材は革が良いですね。

エナメルは不適切です。

一流を見分けるには、時計と靴を見ればいい

と言われるくらい、大切な部分です。

汚れがないか、キズが付いたままになっていないかチェックしてみてください。

靴についてはこちらも参考になさってください。

 

ストッキングも忘れずに

 

革のパンプスを履くというのに、

素足で挑もうという方は少ないと思いますが、

もちろんストッキングを着用してください。

 

ギラギラしたエアロビクスのレオタードの下に着用するようなものでもなく

自分の肌色に近いナチュラルカラーのストッキングにしましょう。

 

ストッキングは、伝線してしまう可能性もあります。

そうなっても慌てないように、

ストッキングをはく日は(面接のときでなくても)、

予備のストッキングはバッグに忍ばせておいてくださいね。

バッグは?

そして、後回しになりがちなバッグです。

基本の形をいってしまいますと、

色は黒、デザインはシンプルであまり飾りのないもの、

革製、A4の書類などがおらずに入る大きさ、

底に鋲があり床においても自立する物、です。

バッグが自立するものであるというのは、

訪問先でのマナーで必要になってくるからです。

それについては、後日お伝えしたいと思います。

そして、一目でブランドとわかるようなバッグは避けましょう。

 

 

アクセサリーは?

 

基本的にはアクセサリーは不要です。

付けたまま忘れてしまいがちな、プチネックレスにも注意しましょう。

ピアスは5mm以下の大きさで、ぶら下がりタイプは避けましょう。

 

腕時計は付けましょう。

ビジネスの場面では、腕時計はつけた方が良いとされています。

面接では携帯・スマホの電源は切っておくことをおすすめします。

ですので、そういった意味でも時間を確認できるように

腕時計は用意されている方が良いですね。

こちらもデザイン性の高いものや、ごついもの、派手なものは避け、

シンプルなデザインで、革ベルトなら黒や茶色がおすすめです。

 

メイクもしましょう

シンプルで清潔感のあるメイクをしましょう。

派手すぎるメイクはもちろんいけませんが、

ノーメイクはビジネスの場面ではマナーに反します。

休日のカジュアルメイクでもなく、

お仕事にふさわしく、ファンデーションを付け、

眉を整え、また血色がよくなるようチークも付けましょう。

リップもくっきりとした口紅を・・・とまでは言いませんが、

唇の色が薄い方は、赤みを足すように、

そして最低限、乾燥を感じさせないようにケアしておきましょう。

唇がカピカピでは、うまく笑顔を作れませんからね。

 

まとめ

面接の際の、スーツ以外に注意することをまとめました。

コートもバッグも靴も時計も、シンプルでベーシックな物が良いということです。

面接では、まず個性をアピールすることよりも、

その場に、その会社にふさわしいかを見た目でアピールする必要があります。

まずは、求められる人材であるということを、

第一印象で伝え、それから会話の中で人となりを伝えられるようにしましょう。

準備の時点でうまくいかず、焦って会話がしどろもどろにならないように、

万全の準備をして、実力を伝えられるようにしましょう。

面接でライバルに勝つためにあなたがするべきこと

kiyoraフィニッシング マナースクール~大阪 あびこ~

美しい立ち居振る舞いコース(全8回)

マナー・教養レッスン

【お料理なし】テーブルマナーレッスン(単回)

ソーシャルマナー3級認定講座
 (一般社団法人日本マナーOJT協会認定講座

美しい立ち居振る舞い体験レッスン随時募集中です
RESERVA予約システムから予約する
上記フォームにご希望の日時がない場合、【LINE@】【メールはこちら】よりお問い合わせくださいませ。

ご質問もお受けしております。お気軽にご連絡くださいませ。
友だち追加