エレベーターに乗るのは先か後、どっちがマナー美人?

職場や、公共の場所で乗る機会も多いエレベーター。

目上の方や、お客様と一緒になってしまったら、

自分は先に乗る派ですか?それとも後派?

どちらがいいのか考えてみましょう。

先に乗る場合

職場で、お客様をご案内しているとします。

エレベーターを呼ぶボタンを押して、エレベーターが到着した。

さあ、自分とそのお客様だけが乗り込むという時は、

自分が先に乗り【開】ボタンを押してお客様を迎え入れる

これも自然ですね。

エレベーターという「乗り物」にお客様だけを先に乗せるのが良くない、と

この乗り方がマナーとしてすすめられているものもあります。

後から乗る場合

では、職場で特定のお客様はご案内している状況ではなく、

エレベーターに乗ろうとしたら、

自分以外にエレベーターに乗ろうとする人がいた場合、

自分が職員で、他の方がお客様であったなら、

自分がエレベーターに乗り込む前に、

外側からボタンを押しながら、先にお客様をエレベーター内に誘導し、

最後に自分が乗り込みます。

到着したエレベーターに我先にと乗り込む様子を、

よく思われないこともありますからね。

正解は・・・状況による!

マナーというと

こうでなければいけないという正解を求めがちですが、

白黒はっきりしないことも多いです。

同じ行動をとっても、状況によって感じ方が違うように、

マナーも臨機応変な対応が求められます。

 

 

マナーとされる基本とその理由を知っておけば、

その時々で適切に振る舞えますね。

大人になればなるほど、柔軟でしなやかな姿勢を身に付けたいですね。