転職を叶える!面接のマナー

いよいよ面接。準備は万端。

でも、当日どんなふうに振る舞えばいいの?

転職なら、社会人経験があるということなので、

その立ち居振る舞いも新社会人よりは、慣れているハズ??

一般的なマナーができているのか見られてしまう、面接のマナー。

大人のあなたは、できていますか?

 

約束の時刻より早めに行くのがマナー?

 

面接当日、約束の時間に遅れないように、

会社近くまで早めに着いておく。これは良いですよね。

でも、実際に受付に行くのは?

面接の時間の30分や20分前の到着は早すぎます。

面接のためのお部屋が、直前まで使用されているかもしれませんし、

書類の準備が間に合わないこともあります。

 

かといって、もちろん遅刻は絶対に避けたいところ。

では、どれくらい前につくのが良いのかというと、

受付への到着が5分前ごろであれば、担当者の方に連絡をしていただいて、

面接会場となるお部屋へ通していただく時には、

約束の時間となることでしょう。

会社の規模が大きく担当者への取次に時間がかかりそうなら、

もう少し早くついておいても良いでしょう。

ちょっと緊張するお宅への訪問マナーなどはこちら

入室から、着席まで

一時期前に、有名なマナーの先生のご指導が世間に広まり、

2回ノックはトイレノックというのが、一般的に認知されています。

ですので、それにならうと3回のノックをされるのが無難ですね。

 

ただ、必ずしも2回は絶対タブーということではありませんので、

緊張して、2回ノックにしてしまったからと言って

「マナーの無い人だと思われる~」

と、縮こまる必要はありませんよ!

 

自分でノックをして入室する以外にも、

受付から担当の方に案内してもらい、

お部屋の中に入ることもあります。

 

では、入口まで案内されて、

「どうぞ、お掛けになってお待ちください」と

言われたら、あなたはどの席に座りますか?

 

そう、自由に座る場所を決められる場合は、

下座に座るのがマナーです。

一般的には、下座は出入り口に近い場所となります。

 

そして、荷物を置く場所ですが、

特にお声がけがなければ、バッグは足元の床に置くのがマナーです。

そのためにも、バッグは底に鋲があるような自立するタイプが良いですね。

面接で好印象を与えるコートやくつ、バッグとは?

 

足元ですが、右か左かで言うと・・・言えません。

それも、下座側に置くというマナーがあります。

 

コートは会社の建物に入る前に脱ぎ、手に持っていますが、

そのコートも、バッグの上に乗せてくださいね。

勝手に隣の椅子を使用しません。

 

 

面接中は姿勢を保つ

ノックや席次、面接にマナーはいろいろありますが、

肝心なのは、面接中の態度ですよね。

 

ここまでのマナーが完璧でも、

いざ面接が始まり、意欲的に話をし始めたけれど、

背筋は丸まり、両ひざの間が開いている・・・

これでは、あなたの印象は台無しです。

座り方は、お尻を乗せるのは椅子の半分~1/3くらいまでにして、

スッと背筋は伸ばし顎を引きましょうましょう。

足は手前に引くと膝が協調され、短く見えてしまいます。

少し前に出している方が、ひざ下が長く見えて脚が綺麗に見えます。

面接中は斜めに流さず、まっすぐ前に伸ばすと誠実な印象でしょう。

 

 

実力を発揮できますように

事前の準備も怠らず、

せっかく面接にまで来たのですから、

最大限にあなたの魅力が伝わるようにしたいですよね。

些細なことで、印象ダウンしてしまってはもったいない。

 

 

マナーと美しい立ち居振る舞いで、印象アップして、

肝心のあなた自身の能力や人柄をしっかりアピールしましょう。

面接でライバルに勝つためにあなたがするべきこと

kiyoraフィニッシング マナースクール~大阪 あびこ~

美しい立ち居振る舞いコース(全8回)

マナー・教養コース(全5回)

【お料理なし】テーブルマナーレッスン(単回)

ソーシャルマナー3級認定講座
 (一般社団法人日本マナーOJT協会認定講座

美しい立ち居振る舞い体験レッスン随時募集中です
RESERVA予約システムから予約する
上記フォームにご希望の日時がない場合、【LINE@】【メールはこちら】よりお問い合わせくださいませ。

ご質問もお受けしております。お気軽にご連絡くださいませ。
友だち追加