転職の面接、何を着るべきか?

「もっと専門を突き詰めたい」「もう、今の職場が嫌になった」

「生活環境が変わって、ワークライフバランスのとれる会社に転職したい」

理由はそれぞれですが、転職を考えるときってありますよね。

社会人になって長いと、転職のための面接も久しぶりで、

何を着たらいいのかわからない、

どう振る舞ったらいいのかわからない、

そんなあなたのために、面接での服装マナー振り返ってみましょう。

スーツじゃないとダメ?

もともと、スーツを着るお仕事でなければ、

「スーツなんて持ってないんですけど、

1回の面接のためにスーツを用意しないとダメ?」

なんて、思っちゃいますか?

 

私が、看護師なので、

面接に「ちょっと大人締めの私服で行っちゃった」

なんて話も耳にしたこともありますが、

やはり、転職でも就職の面接であれば(看護師でも!)、

特に指定のない場合、スーツが基本です。

どんな色が良い?

では、どんなスーツが良いでしょうか?

面接に備えてスーツを用意される場合は、

無難にベーシックカラーを選ぶ方が多数だと思いますが、

「せっかく使うから、普段も使えるおしゃれな物にしよっ」

なんて、個性の強いものを選ぶのはNGです。

 

ベーシックカラーのスーツというと、

黒、紺が一般的かと思いますが、

転職の面接なら、ややこなれ感のある

明るめのグレーやベージュなども良いようです。

パンツスーツもOK?その他、注意点することは?

実は、女性のフォーマルウエアはスカートなんです。

なので、スーツもよりフォーマルを意識すると、

スカートが良いようです。

 

ですが、就職の面接でそこまで求められることもないかと思いますので、

自分に似合う方、自分の好みの方を選ばれると良いですね。

 

ただし、職種によっては

女性らしさを感じさせる方が有利であったりすることもあるかと思います。

その職業や、なりたい職種に求められる印象に近づけるというのも、

面接のコツになりますね。

 

スカートの場合も、短すぎる丈では品位に欠けます。

面接で椅子に座ることを踏まえて、

試着の際に椅子に座ってチェックおく方が良いですね。

 

その際に座って、しわが寄りずり上がるような

ピッチピチのサイズ感の物もNGです。

ジャケットもしかりで、腕を動かしたり肘を曲げたり、

身体を動かしてみて、

横しわがいったり、動きに合わせて裾がついてきてしまうようなら、

ワンサイズ大きめを選びましょう。

就職の面接では、スーツのサイズを披露することはありませんし、

あなたのボディラインの美しさをアピールする必要もありません。

インナーは何を選ぶ?

スーツに合わせるのは、シャツ?

フレッシュな新卒社会人の面接なら、シャツが無難ですが、

転職の面接なら必ずしもシャツでなくても、

シンプルなブラウスやカットソーでも良いですね。

スーツが黒や紺なら、インナーは白や淡い色にすると、

明るい印象です。

逆に、黒のスーツにインナーまで黒にしてしまうと、

暗い印象ですし、素材によってはカジュアルな印象にもなりかねません。

くれぐれも、装飾の目立つものや、フリルのすぎるものは避けましょう。

 

まとめ

 

面接では第一印象が重要です。

個性を重要視される職場でなければ、

まずは、仕事の場にふさわしい服装ができるのか、

という所から、ビジネスのマナーができているのかを見られます。

パッと見て、良い印象を与えられるように、

自分の雰囲気に似合うもの、

求められる印象に近づけるもの、

それらを踏まえて、選ばれる自分を演出しましょう。

kiyoraフィニッシング マナースクール~大阪 あびこ~

美しい立ち居振る舞いコース(全8回)

マナー・教養コース(全5回)

【お料理なし】テーブルマナーレッスン(単回)

ソーシャルマナー3級認定講座
 (一般社団法人日本マナーOJT協会認定講座

美しい立ち居振る舞い体験レッスン随時募集中です
RESERVA予約システムから予約する
上記フォームにご希望の日時がない場合、【LINE@】【メールはこちら】よりお問い合わせくださいませ。

ご質問もお受けしております。お気軽にご連絡くださいませ。
友だち追加