褒めるときはウワサ話で。では指摘するときは?

誰かに注意や指摘をする時、気を付けたいこと。

あなたは、ついうっかり口癖になっていませんか?

 

褒めるときは第三者からが効果的

あなたが、誰かに褒められるとして

1.「いつも仕事完璧ですよね!本当に尊敬してます~」

2.「○○さんが、あなたのこと
いつも仕事に抜けがなくてすごいって褒めてましたよ~」

 

この、2つではどちらがより、うれしいですか?

 

 

多くの方は、後者の方が嬉しいと思うのですがいかがでしょう?

 

 

心理学的にも、ウィンザー効果というものがあり、

第三者からの情報の方がより、信憑性が増し、影響が大きくなる

ということを言うそうです。

 

お店や、商品についての褒め言葉なら、

信憑性が増すという説もよくわかりますが、

 

個人的な褒め言葉の場合、信憑性というよりも、

「自分がいない場所で、自分を褒めてくれていたんだ」

「自分の良い話を、他の人に伝えてくれていたんだ」

と思えることが、嬉しさを膨らませる要因の

一つになるのではないかと思います。

 

というわけで、

誰かを褒めるときは、

第三者の褒め言葉も一緒に伝えるのが効果的です。

 

 

注意するときは自分の意見として

一方、注意するときや指摘するときは、

第三者の意見を混ぜてしまうと逆効果です。

 

 

そんなことは当たり前

と、思われるかもしれませんが、

 

口癖のように、

「みんな言ってるよ」とか、

「○○さんに言われてたよ~」とか、

頼まれてもいないのに伝言する方、周りにいらっしゃいませんか?

 

 

良かれと思って、

「私はそうは思わないけれど、

○○さんにこんなこと言われてたから、こうした方が良いよ」

なんて、伝えてしまう方!

言われたほうは、

「私のいないところで、そんな話してるんだ・・・」

という印象が残ってしまいます。

直すべきと思う所は、自分の意見として指摘してあげてください。

 

自分はそうは思わず、別の誰かが注意したがっているなら、

その人が注意すればいいのですから。

 

影響が大きくなる、第三者の意見。

ウワサ話には注意が必要ですが、

効果的に使えるように、

褒め言葉やポジティブな内容を伝えて、

気分よく過ごせるようにしたいですね。

 

kiyoraフィニッシング マナースクール~大阪 あびこ~

美しい立ち居振る舞いコース(全8回)

マナー・教養レッスン

【お料理なし】テーブルマナーレッスン(単回)

ソーシャルマナー3級認定講座
 (一般社団法人日本マナーOJT協会認定講座

美しい立ち居振る舞い体験レッスン随時募集中です
RESERVA予約システムから予約する
上記フォームにご希望の日時がない場合、【LINE@】【メールはこちら】よりお問い合わせくださいませ。

ご質問もお受けしております。お気軽にご連絡くださいませ。
友だち追加

 

スポンサーリンク