心を込めた贈り物、「つまらない」ことなんかない!

手土産

手土産などを渡すとき、

つまらないものですが・・・

と言って渡すのは、

失礼にとらえられることがあるのでやめましょうね。

なんて、よく言われるようになりました。

 

もし、自分が言われたらどんなふうに感じますか?

私は、不快には感じません。光栄に思います。

むしろ、

なぜ、失礼に思う人が増えてきたのか

不思議で、そして残念です。

 

「つまらないものですが」に込める想い

 

「つまらないものですが・・・」と言って

手土産を渡されて、

「つまらないものなら、結構です」

ってなるのは、お笑いの中だけじゃない!?

真に受ける方が変じゃないの?

と・・・思うのですが、

現実にそうではない風潮なら仕方がないですね^^;

 

「つまらないものですが」

という言葉の前には、

『精一杯選びましたが、

あなたのような立派な方を前にしては』

とか

『あなたが普段、召し上がっているものに比べたら)』

という想いが隠れている、

相手の方を最大限に立てる言葉です。

 

なので、私はこの言葉が好きですが、

 

【言葉は変化していく】というのも事実。

 

では、手土産をお渡しするとき

どんな言葉を添えてお渡ししましょうか?

 

 

手土産をお渡しするときに添える言葉

 

 

まずは、「つまらないものですが」のように

謙譲の表現で

「心ばかりですが」とか

「ほんの気持ちですが」という風に言うのはいかがでしょうか?

 

量が少ない時には、「お口汚しですが」という表現もあります。

 

では、もう少し気軽に

「あなたのために心を込めて選んだの!」

という想いを言葉でも伝えたいなら?

 

「○○が好きだと、伺っていたので」とか

「地元でとっても人気なんです」とか

「とってもおいしかったので」とか

実際に選んだ理由をお伝えするのも

喜ばれるかもしれません。

 

食べ物ではない場合は、

「○○さんにお似合いだと思って」とか

「これを見た瞬間、○○さんを思い出したんです!」

なんていうのも、

気持ちがこもっていると思うのですが、

いかがでしょう?

 

定型の言葉をすることも勉強になりますし、

素直に気持ちを伝えるのも可愛げがあって良いと思います。

時と場合に合わせて、使い分けられるといいですね。

スポンサーリンク