いただきますか?よく聞く敬語の間違いと正しい言い方

日常でも、テレビを見ていても、

何気なく聞き流してしまいそうだけど、気になる敬語の間違い。

丁寧なのに、ちょっと残念・・・にならないために、

見直してみましょう。

 

謙譲語は相手に使わない

敬語の指針によると、

敬語は、尊敬語・謙譲語・謙譲語(丁重語)・丁寧語・美化語の

5つの種類に分けられています。

 

尊敬語は、相手や相手側の行動・物・状態等を高める言葉です。

そして、謙譲語は、自分や自分側の行動・物・状態等を低めることにより、

相手や相手側を高める言葉です。

 

ですから、そもそも

「聞く、行く」の謙譲語である【伺う】に

「お」と付けたり、「れる・られる」を付けたからと言って、

尊敬語には変換されません。

「お伺いになりますか?」とか「お伺いください」

とは言いません。

 

「食べる、もらう」の謙譲語の【いただく】も同様です。

「いただかれましたか?」や、「いただきますか?」、

「いただいたんですか?」とは言いません。

 

まれに耳にしますが、

「拝見する」というのも謙譲語ですから、

「拝見されましたか?」というのも変な敬語ですよ。

 

謙譲語にれる・られるをつけても・・・

 

「AさんがBさんからいただかれたチョコを見せてもらいました。

とってもかわいい!食べるのがもったいない~!」

というような投稿をFacebookで見かけました(内容は仮です)。

おそらく投稿者の考えとしては、

Bさんを立てるために、Bさんから「いただいた」としたけれど、

「いただいた」のは自分ではなくAさんなので、Aさんを立てるために

謙譲語の「いただく」に尊敬語に変換するための「れる」を付け足してしまい

「いただいた」→「いただかれた」にしたということなのでしょうが、

謙譲語と尊敬語を混ぜてしまうのは間違いです。

 

では、私ならこの場合、どのように表現するかと考えました。

 

1. AさんにBさんからプレゼントされたチョコを見せてもらいました。

2. AさんがBさんから贈られたチョコを見せてくださいました。

 

いかがでしょうか?使う言葉を変えてしまいましたが、

どうしても敬語を使おうとして不自然になるという場合には、

すっぽり言葉を入れ替えてしまう方が簡単ですよね。

聞く、行くを尊敬語にするには?

「聞く」を尊敬語にすると、

「聞かれる」、「お聞きになる」になります。

「行く」の尊敬語は、

「行かれる」または、「いらっしゃる」ですね。

どちらも、後者の方がより丁寧な印象になります。

 

尊敬語も謙譲語も、ランクがあり、

気軽なものから、より敬意を高めた言い方までありますので、

使い分けられると良いですね。

 

 

食べる、もらうの尊敬語は?

「食べる」の尊敬語は、

「お食べになる」、「召し上がる」といいます。

 

「もらう」の尊敬語は状況により変わると思いますが、

「お受け取りなる」が一般的でしょうか。

 

 

別の誰かから書類をもらったか聞く時は、

「お受け取りになりましたか?」

自分が何かを贈るときには、

「お納めください」ということもあるでしょう。

 

敬語は言葉なので、使い慣れないと

とっさの時に口から出てこないですね。

 

自分が使っている敬語、正しいのか不安になったら、

当スクールの敬語のレッスンにお越しくださいね。

お気軽にご相談くださいませ。