独身でいることに引け目を感じる人へ

お一人様

ある日カフェで聞こえてきた話。

「○○さんでさえ、結婚してるというのに

私はまだ結婚できない・・・」

よく聞く話だと思いました。

 

ですが、そういう考え方は辛いですよね。

 

カフェの女性は、はっきりと意識はしていないでしょうが、

「優れた女性が結婚できる」

と思っているのではないかと思います。

だって「○○さんでさえ」という言葉は、

「(私より劣っている)○○さんでさえ」という

言葉が隠れていると思うのです。

そして、

自分より劣っていると思っていたあの子の方が優れていたのか・・・

と勝手に落ち込んでみたりして。

 

美貌なのか、収入なのか、学歴なのか、

どんな要素で比べているのかわかりませんが、

それらが優れた自分の方が、結婚するにふさわしいと思っているのでしょう。

 

 

そして、

 

特に結婚をしたいわけではないけれど、

それで変わり者だと思われないように、

「仕事を頑張っているから、結婚をしないんだと周りに人に納得してもらおう」

というような考えの方もいらっしゃるようですね。

 

それもわからないではないですが、

その他人からの見え方だけを意識する考え方も辛いですね。

そんなにも他人の見え方を考えても、

他人の考えは決められませんから。

自分が考えたシナリオ通りには、思ってもらえません。

 

その現実に遭遇したときに、

もう一度、悔しい思いをすることになる。

という話を、なぜここでするのか・・・

マナーや立ち振る舞いを学ぶと、

その辛さが、なくなると思うからです!

 

大人になって、仕事もして、遊んで、

社会生活をしているあなたは、

結婚していようが、いなかろうが、既に立派。

何も恥じることはない。

 

私が独身だから、

負け惜しみを言うんじゃなくて^^;

本当にそう思います。

 

婚活をしてる人ももちろんいい。

楽しく頑張っているならね。

 

でもそれが、辛いならやめてもいいと思うんです。

楽しいことだけしましょうよ。

 

私たちが、決められるのは自分の事。

自分の考え、行動。

 

誰かの意見があろうと、どんな状況であろうと、

誰かの顔色を窺うと決めるのも自分。

人の意見を取り入れると決めるのも自分。

 

無礼な人には、無礼な対応をする自分でありたいのか

どんな方にも変わらない、

常に美しい居振る舞いをする自分でありたいのか。

 

マナーや美しい立ち居振る舞いをすることは、

自分や周囲を大切に扱うということです。

 

そうすると、

もっと自信を持てるようになるんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク