乾杯!の時に気を付けたい2つのポイント

ワイングラス

今日はクリスマスイブ。

しっとりとカップルで

穏やかにご家族で

パーティーをなさる方も多いでしょうか?

 

年末、忘年会やパーティーで、

「乾杯!」という場面がたくさんあるかと思いますが、

 

そんな、乾杯の時のポイントを2つご紹介したいと思います。

 

グラスを合わせる?

まず1つ目。

「かんぱ~い!」の掛け声とともに、

グラスを・・・カチ~ンとぶつけると思うのですが、

そのグラス。

どんなグラスですか?

 

居酒屋などで、生ビールをジョッキで。

ということでしたら、

もちろん、

グラス(ジョッキ)を合わせて、

盛り上がるのもいいでしょう。

 

ですが、その乾杯のグラスが、

ワイングラスなど、繊細なものなら・・・

 

その時は、グラスは合わせずに、

「乾杯」の掛け声で、グラスを目線の高さにあげます。

そして、

視線を合わせて、微笑みましょう。

乾杯の掛け声をかけてくれた人、

それから、周囲の人々に視線をうつして

微笑み合ってから一口いただく。

 

・・・というのは、基本として。

 

比較的、少人数のパーティーで、

シャンパンで乾杯する

 

というような場合に、

「グラスを合わせるのは良くないから」

と、周囲の人がグラスを合わせでくださるのを避ける・・・

 

というのでは、興ざめですよね。

 

そんな時は、

楽しくグラスを合わせましょう。

ただ、盛り上がりの勢いに任せて、

ぶつけてグラスを割ってしまわないように、

さりげなく合わせるくらいにしてくださいね。

 

 

高さに気をつけてみる

2つ目のポイントは、

そのグラスを合わせる時のグラスの高さです。

 

目上の方とグラス合わせるときには、

さりげなく自分のグラスの高さを少し下げてみましょう。

 

もしも、自分の後輩のグラスがドーンと上から来ても

嫌ではないんですけどね。

「お、楽しんでるな」っていう感じがしますけどね。

 

でも、自分が目上の方と乾杯するときは、

少し下げるようにしています。

 

普段からの振る舞いが、

その方の印象になっていきますので、

さりげない気遣いができるといいですね。

 

スポンサーリンク