品のある女性は、お箸のドコを持っている?

箸使い

箸使いについて

「箸先五分、長くて一寸」と言われます。

 

これは、箸先を使う(汚してもいい)長さが

五分(約1.5cm)~一寸(3cm)ということで、

その範囲を使って食事をするのが美しいとされているんですね。

 

お味噌汁にトポンと付けてしまたら、

すぐに3cm以上使ってしまいますら、

一口一口、丁寧にお食事しないといけませんね。

 

一説によると、その昔女中さんは

客人が帰った後、その方の使用したお箸の汚れた範囲で

その客人の格を確認していたとか・・・

 

改まった席なら、

そんなことも考えながら口に運ぶと、

美しく召し上がることができるかもしれません。

 

 

それよりも簡単にセルフチェックできるポイントは、

お箸で食事中、ふと自分の手元を見てみてください。

 

お箸のどの辺を持っていますか?

 

右利きの方は、お箸の右側1/3の範囲?

それとも真ん中寄り?

 

人から見た印象ですが、お箸を長く持っている方が

上品に見えます。

つまり、

右利きならお箸の右1/3の範囲を持っている方が、

品があるように見えるんですね。

 

ガツガツ食事をする人を、想像してみたら・・・

お箸を短く持っているように想像しませんか?

 

小さな子供が、慣れないお箸を使っているのを想像したら・・・

お箸を短く持っているように想像しませんでしたか?

 

まあ、想像は自由なんですが、

お箸は長く持つ方が、

余裕が感じられるし、品があるように見えるんですね。

 

お食事中も意外と人からみられているものです。

お箸は日常的に使うものですから、

たまには意識して、自分でチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク