お箸を持つときの3つの手順

テーブルマナーというと、
フランス料理のような
フォークとナイフを使う食事を想像されるでしょうか?

ですが普段口にしている和食にもマナーがあるんです。

まずは、お箸を手に持つとき。

お箸を持つときはどのように持ちますか?

・丁寧に両手でつかむ?
・さっと片手で持ち上げる?

お箸を手にするときは、3つの手順があります。

1.右手でお箸の右から1/3のあたりを上から持って上げる

2.左から1/3の辺りを、下から添えるように左手で持つ

3.右手を右側に滑らせるようにして、クルリと手を返し右手でお箸を持つ
(右手で正しく持てたら、左手は同時に離します)

お箸を置くときには、この逆をします。

1.左1/3あたりに、下から左手を添えて持つ

2.右手をクルリと返して右1/3あたりを上から持つ

3.箸置きに置く

お箸を上げ下ろしする時に、こんな風に意識をして持つだけで
上品な人に見えますよ!

お箸は子供のころから使っているものですから、
お箸の使い方が上品だと、

「ご家庭で、キチンと躾をされた人なのだろうなぁ」

というような印象をもちませんか?
普段のお食事で練習して、習慣にしてみてください。

 

スポンサーリンク