ナイフの向きにもマナーがあります

テーブルマナーには
歴史が深く関係しています。

フランス料理では、
テーブルの上に手を置いておくのがマナー

手が隠れていては、
武器を隠し持ち攻撃すると
思われたので、それを防ぐためでした。

対して
和食には、手をテーブルの上に出す
というルールはありません。

昔、日本ではテーブルではなく
一人ずつのお膳で食べていたので、
その上には手をのせられないですからね。
(ただ、手はテーブルの上に出しておいたほうが、
印象は良く、会話が弾みやすいといわれています)

そんな風に、歴史的な背景があって
テーブルマナーがあることをおもうと、
ただのめんどくさいルールではなく
興味が持てませんか?

さてさて、
そんな背景のあるテーブルマナーでは、

ナイフの刃を相手に向けることは、

マナー違反です。
すごく細かい話で、恐縮ですが・・・

ナイフも凶器の形をしていますから、
テーブルセッティングの時も
食べてる途中も、
食べ終わって置く時も、
刃は相手(外側)の方を向けず
自分の方を向くように使いましょうね

 

スポンサーリンク