もらい上手になる方法

思いがけずプレゼントをもらったとします。

そんな時、あなたはどんな反応をしていますか?

せっかくのプレゼントが空気を悪くした話

友人同士3人で旅行に行った際、

1人の子が準備から旅行中まで奔走してくれていたので、

お礼にとその近くのお土産物屋さんで売られていたものを、

プレゼントとして購入し、

2人から「ありがとう!」と感謝を伝えて渡したんです。

 

渡された1人は、喜んでくれたかというと・・・

困惑して「え・・・なんで?こんなんもらわれへんわ」

と、受け取りを拒否しました。

 

となると、渡した私たちも「せっかく買ったのに」

「ただのお礼やから」などと、プレゼントの押し付け合い。

結局、なんとかプレゼントは受け取ってもらえましたが、

その後の雰囲気はどんより。

せっかくの楽しい旅行に1つ苦い思い出ができてしまいました。

 

 

私の近くのもらい上手

 

私の身近で、とってももらい上手な方がいらっしゃいます。

心ばかりのプレゼントをお渡しすると、

「キャー!うれピー!!」とのりピー語まで飛び出すほど

喜んで見せてくれるのです。

 

そうすると、プレゼントを渡した方も、

すごく幸せな気持ちになるんですね。

 

もらい上手というのは、

感謝の気持ち、喜びを素直に表すことができる人

です。

それも、大げさなくらいに表現するのが良いですね。

 

プレゼントする側の気持ち

例えばお土産を渡すときというのは、

品物を選ぶのも、もちろんなんですが、

「旅行中にもあなたの事を考えていましたよ」

という意味もこもっていると言われます。

日常のささやかなプレゼントであっても、

何がふさわしいか悩む時間があって、

用意しているので、もらう側が思いっきり喜んでくれると、

渡した方も報われるというか、

とても幸せな気分になりますよね。

もらい上手になることは、

相手を喜ばせることができるということです。

 

 

プレゼントをして喜んでもらえると、

またプレゼントをしたいという気持ちにもなりますよね。

ということで、

プレゼントをもらったら、大げさなくらいに

喜びを表現しましょう!

 

女性向け立ち居振る舞い体験レッスンのご予約は以下からどうぞ
RESERVA予約システムから予約する

 

スポンサーリンク