手帳を活用して、印象アップする方法

来年の手帳はご用意されましたか?

ここ数年、手帳は大人気ですよね。

コーチングの手帳やお金の手帳など、何かに特化した手帳も多いですし、

手帳術のセミナーも色々な種類があるようですね。

 

私は手帳を使いこなせてる方ではないのですが、

1つだけ実行していて、

おすすめしたいことがあります。

 

 

「お礼は3回」と言われているのを

お聞きになったことがありますか?

 

例えばごちそうになった(おごってもらった)時なら、

 

お支払いのその時にお礼を言う(1回目)、

次に、帰り際にお礼を言う(2回目)、

 

そして、次に会った時にお礼を言う(3回目)。

 

この3回目のお礼を言えることで、

普通の人と感じの良い人との違いがでると言われます。

 

でも、この3回目って忘れそう・・・って思いませんか?

 

 

そこで手帳!

まずは、

手帳に一言「○○をもらった」とか「ごちそうになった」とか

お会いした日のエピソードを

自分でわかるようにメモしておく。

 

そして、

次にお会いする予定を記入するとき、

前回その方と合ったときのページを見直して、

「何かお礼を言うことはないかな」と確認しておく。

 

付箋にエピソードをメモしておいて、

予定を記入するときに張りなおすのも

簡単かもしれませんね。

 

様々なことを管理し記録できる手帳で、

人付き合いを円滑にする一工夫。

些細なことですが・・・おすすめです !

 

スポンサーリンク