レディファーストが苦手な日本人~男性にお勧めの簡単なこと

日本の男性は、レディファーストが苦手と言われますよね。

街を歩いていると、そんなふうに感じる機会がありませんか?

 

仕事中に出会ったイタリア人

ずいぶん前になりますが、病院で勤めていた時にイタリア人の方を、

エレベーターにご案内する機会がありました。

 

 

私はその施設の従業員で、

その方はお客様という立場です。

エレベーターが到着して、他にもお客様がいらっしゃるので

ボタンを押しながら、「どうぞ」と他のお客さまも含めて

先に乗ってたいただくようにご案内していると、

そのイタリア人の方はとっても優しい笑顔で

「あなたから、どうぞ」と促してくださったのです。

 

これには、キュンとしてしまいまいた。

 

エレベーターにご案内したら、

我先にと乗り込む方がほとんどです。

 

実際その時は仕事中で、他の方の目もありますし

お言葉に甘えて私が先に乗り込むわけにはいかなかったので、

お客様皆様に先に乗っていただきましたけど。

 

女性を先にと促す大人の男性の余裕。

男性も女性も余裕があるというのは、

大人っぽくてかっこいいと思います。

扉を通るときに、後ろの人を気にしますか?

お店などの出入り口の扉、

自分が通るときに、後ろの方のために扉を押さえていますか?

 

簡単なことですが、できている方は少なくないでしょうか?

 

アメリカに旅行した時は毎回、

男性でも女性でも、扉を通るときに軽く後ろを振り返り、

扉を押さえるのを見て(自分もそのようにして)

「これが良いのよな~」と思っていました。

 

さて、ドアを通る時に、後ろの方のためにそっと

ドアを開けるのは普通の事・・・に、なっている男性のあなた。

 

次の段階は、

ドアを開けて先を譲ることです。

 

大阪にはたくさんの外国人観光客の方が来られています。

デパートのドアなどで、

向こうからとこちらから、お互いに通るタイミングが合ってしまい、

アッと思った時。

向こう側からドアを引いてくれ、

どうぞと通してくれたのは、外国人の男性でした。

 

同じアジア人であっても、日本人の男性は

そういうことは苦手な方多くないですか?

 

「若くて美しい女性にならするんじゃない?」と、

思われたあなた!それが、ダメなんですよ~。

 

全ての女性に対しての気遣いをさりげなくするのが、

レディーファーストです。

この、「さりげなく」がポイントです。

 

気遣いができると恋も始まるかもしれない

 

爽やかにレディーファーストができている人は、

女性にだけでなくて、

すべての人に気遣いのできる人なのだろうと思います。

 

街を歩いていると、

段差に困っている車椅子を押している方に、

スッとお手伝いされる若い男性の方を見たことがありますし、

電車では、誰よりも早く立ち上がって、席を譲る若い男性を見かけます。

 

その時、彼女が一緒にいたら、

誇らしい気分になって、もっと好きになっていると思います。

その時、一緒にいるのがまだ彼女ではなく友人なら、

きっと、ときめいて恋が始まってしまうかもしれません。

 

いや、想像ですけどね。

 

「レディファーストとは、そもそも~」とか、

聞いてないうんちくを披露してくる人よりも、

さりげなく気遣いのできる男性に、ときめきますよね。

 

彼に、こんな風にしてほしいなと思われる女性のあなた、

kiyoraフィニッシングマナースクールで立ち居振る舞いを身に付けて、

男性からのさりげないエスコートを

上手に受けられるようになってみませんか?

 

そして、「マナースクールで、こんなことを聞いたんだけど・・・」

なんて、彼にレディファーストをお願いしてみるのもいいかもしれませんね。

 

kiyoraフィニッシング マナースクール~大阪 あびこ~

美しい立ち居振る舞いコース(全8回)

マナー・教養コース(全5回)

【お料理なし】テーブルマナーレッスン(単回)

ソーシャルマナー3級認定講座
 (一般社団法人日本マナーOJT協会認定講座

美しい立ち居振る舞い体験レッスン随時募集中です
RESERVA予約システムから予約する
上記フォームにご希望の日時がない場合、【LINE@】よりお気軽にお問い合わせくださいませ。
友だち追加

スポンサーリンク