コートはどう持つのが正解?人事担当の方に聞きました

お正月が過ぎ、春に向かって準備を始めた方も多いでしょうか?

新卒の方ならば内定は済み、就職活動は終わっているかもしれませんが、

この寒い時期、面接を受ける時に気になるコートの持ち方についてお伝えします。

女性におススメしたいコートの持ち方はこちら

よく言われているマナー

ビジネスマナーとしてコートの持ち方を調べると、

1.建物に入る前に脱ぐ

2.脱いだコートは裏地を外側にしてたたむ

このように書かれているものが多いですね。

 

コートの外側が内に入るようにたたむことによって、

外のチリを中に持ち込まないように配慮をするという意味です。

 

人事担当の方に伺いました

現役でホテルで人事を担当されている方とお話しする機会があったので、

面接でどんなところを見ているのか伺ってみました。

 

 

ホテルというサービス業の代表のような職業を目指す方々ですから、

そのような専門の学校で学ばれている方も少なくないですよね。

そうすると、やはり基本的なマナーを心得ている方と

そうでない方との振る舞いには差があるそうです。

 

だからって何も、「専門学校をおすすめします」というつもりは

もちろんありません。

 

ただ、マナーができていた方が印象が良くなるのは事実。

ということは同じくらいの点数で採用の判定をされる場合、

印象が良い方を採用するのは当然ですよね。

 

そこで「コートの持ち方、中表(裏地を外にする)の方が印象が良いですか?」

と聞いてみました。

その答えは・・・

 

「そこまでは見ていない」とのこと!!

 

『建物の中に入るときにはコートを脱いで腕に掛けて持つ』

(もちろんマフラーや手袋、その他の防寒具も外してくださいね)

これができているかをチェックしているとの事でした。

コートの裏側を内にたたむか、外に出すかは大きな問題ではなく、

その仕草・振る舞いが自然にできているかの方が大切ですね。

 

マナーマニアになるよりも、大切なこと

 

マナーは学べば学ぶほど、より相手に配慮を・・・

とマニアックに追及してしまう方が多いです。

 

マナーにもTPOがあります。

より深くマナーを追求することも楽しいですが、

その時、その場所、その状況に合わせて臨機応変に対応できるように、

勉強して頭に入れたマナーを、

自然に表現できるように身に付けていくことも大切ですね。