【UVカット対策】芦野ロサブランでエレガントに日よけする!

【大阪・あびこ】の大人の女性のためのマナースクール

kiyoraフィニッシング マナースクールです。

寒さをくぐりぬけたと思ったら、

ジリジリの強い日差しにめげそうになります。

日焼け止めは、もちろん必須なんですが、

お出かけ前のドタバタで、時間が無いこともありますよね。

あと、疲れてヘトヘトの中、お化粧直しもしたくない夜勤明け。

精も根も尽き果てて、建物の外に出たとたん

容赦なく照り付ける太陽に、ドロリと溶けてしまいそうになります。

よね?^^;

二交代夜勤明けの自分の心境

夜勤をなさっている看護師や介護士の皆さんはいかがでしょうか?

ずいぶん以前の話ですが、私が病棟で働いていた時の先輩は、

「帰りにどんな出会いがあるかわからないじゃない」

と、ココシャネルみたいなことを言い

洗顔~化粧直しまできっちりしてから帰るという

素晴らしい女性がいらっしゃいましたが、私には無理でした。

「とにかく帰りたい。寝たい。体が鉛のようなのよ。」

という状態でしたので。

それで、ですね。

日焼け対策には、お化粧直しは必須ですよね。

化粧崩れした顔で、日差しに飛び出すのは良くない!

とはわかっていますが、疲れていて無理な時に

コレは!!という商品を見つけたので、購入してみました。

 

フェイスマスク

そんな私の夜勤明けでデロデロになった顔に照り付ける日差しから、

守ってくれそうな商品を見つけました。

完全遮光100%という強烈なコピーが印象的な

芦屋ロサブランさんの商品フェイスマスクです。

 

 

もちろん、日傘や帽子は使用します。

でも下からの照り返しとか、角度によっては無防備な顔面が

太陽にさらされることってありますよね。

だからと言って、顔面サンバイザーみたいなのは、

まだちょっと抵抗がある私。

芦屋ロサブランさんの商品は、

さすが芦屋な感じの、上品マダム御用達の雰囲気の、

フリルやレースなどを使用した、美しくかわいい商品が揃えられています。

(フリルが似合わない私は、フリルは避けますが)

さて、今回購入したフェイスマスクはこちら

夜勤明けでは、仕事中に付けている

普通のマスクを着けたまま帰ることが多かったのですが、

普通のサージカルマスクには、UVカット機能はありませんからねぇ。

あと、内側に当てる用の布が付いていますが、

これは使い捨てのガーゼやティッシュなどで代用しています。

アームカバー

もう一つ同時に購入したのは、アームカバーです。

手って、日焼け止めを塗ることはできますが、

手洗いすることも多いし、帽子ではもちろん隠れないし、

日傘をさしても手や腕には日が当たってしまうことも多いです。

100均や300均のお店でも、UVカット目的の手袋やアームカバーは

よく販売されているのをみかけますが・・・。

 

 

数年前から、ほくろ状のシミがぽつぽつ増えていっていることに気付きながら

見ないふりをしていましたが、右肩上がりに増えていくシミを見て、

このままじゃダメだ!できることから始めよう!

と思い立ち、完全遮光100%に頼ることにしました。

高級感あふれるレースに、滑り止めも淑女の象徴バラでございます。

 

お手入れの行き届きにくい、手や首に年齢が表れるといいますものね。

できる範囲で、UVカット対策をして行きたいと思います。

ちなみに、こちら私が使用した感想は、

私は、親指が短いので布の先から、指先が出ることはありませんが、

不自由は感じません。

四本指が曲がりやすいように?途中に切れ込みがあり、

そこから、小指が飛び出したりするので、この切れ込みの利点はあまり感じませんが、

問題なく使用しています。

全体にやや分厚い印象があるので、通気のためにも開いているでしょうか。

気休めではない、完全遮光をご希望の方は

お試しになってはいかがですか?

まとめ

UVカットが目的とは言え、

完全防備で誰が誰かわからなくなるのは、美しくない・・・

だからと言って、

いつもいつも、優雅に美しくと思うと大変なので、

簡単に美しくできるグッズがあれば良いですね。

実際に私が購入したUVカットグッズをご紹介しました。

芦野ロサブランはこちら

フェイスマスクもアームカバーも、それ以外も

たくさん種類がありますよ。