コンプレックスは独身なことではなく、育児経験がないことです

【大阪 あびこ】大人の女性のためのマナースクール

kiyoraフィニッシング マナースクールです。

今回は独身の私が、よく言われることと、それについての私の考えをお伝えします。

同じように、モヤモヤした想いを抱える方に共感してもらえるでしょうか?

「独身です」というとよく言われること

看護師として働くと、よく患者さんから(特に高齢の方から)、

「子供さん、いてはるの?」と聞かれます。

「いえ、いないんですよ。」だけだと、

質問に答え切れていない気がして

「独身です」と聞かれてないことまで答えます。

 

すると大抵「えー、もったいない!」と残念がられます。

そして、続く言葉は褒め言葉・・・?

「綺麗やのに」「優しいのに」などなど、褒められた後は2パターンに分かれます。

「一人の方が気楽よね」と理解をしめす派。

そして、もう一方は、

「いい人いてないの?頑張って」と、結婚できるように応援してくれる派。

 

どちらのお声掛けにも、いつも私は「ふふふ」と笑い、お礼を言うだけ。

 

結婚できるのは、綺麗な人だけ?いい人だけ?

それはないですよね。だって、周りを見渡しても・・・なんてな。

 

そもそも、「結婚できる」って言うのはどうですか?

結婚はできるかできないかではなく、するかしないかでしょ?

というのが、私の考え方です。

 

この私の考えを押し付けるつもりもないので、笑って話を終えるのです。

私の考えは私の考え、相手の考えは相手の考え。

どちらも自分にとっては正しいもので、自分の中だけの常識です。

 

ということで、独身ということがコンプレックスではない私は、

この話で動じることはありません。

 

独身でいることがコンプレックスなんてもったいないと思う私の考え方

 

「結婚しないって決めてるの?」

今年の年末に40歳になる私は、このように聞かれることも多いです。

結婚しない宣言している方もいらっしゃいますが、

私は、何も決めていません。

 

先の事は分からないし、

結婚をしたいと思う人がいればするかもしれないし、

いなければしないだけの事。

 

「結婚しないって決めてるの?」

と聞かれたときは、だいたい

「『まだ何も、あきらめちゃいないぜ』って感じですね」

と答えています。

「はあ?」ってなりますけどね。

子どもがいると大変ですよね

結婚に対して、特に劣等感を感じていない私ですが、

子育てをしていないということには

コンプレックスを感じてしまいます。

 

子どもがいないということがコンプレックスなのではなくて、

自分の事だけやってたらいいという、自由な毎日がコンプレックスなんです。

 

育児、子育てって大変ですよね。

自分のペースでは進められないし、色んな世界と関わらないといけないし。

 

そういう意味で、お子さんがいらっしゃる方と自分が同じことをしていると、

自分は甘えているんじゃないかと思えてきて、それがすごく嫌なんです。

 

他人より楽をしていると思われるのが、居心地悪いんです。

変な思考の癖ですね。

 

「いいなー。帰って寝るだけなんて。

子どもにご飯を食べさせて、お風呂に入れて寝かしつけたら、

自分もうっかり寝ちゃって、夜中に起きて、自分の仕事を・・・」

なんて言われると、「大変ですね。」とは言いますが、

心の中では「その生活は自分で選んだんでしょ」と思ったりするんですが、

 

そんな愚痴は一切言わずに、

毎日お仕事を楽しんだり、好きな習い事をしていたりされている

小さなお子さんのいるお母さんを見ると、

かっこいいなあと憧れます。

 

子育て中のママもぜひお越しください

今回は、自分のコンプレックスについてお話しましたが、

けして、子育て中のママが苦手だというわけではありません。

 

 

子どもは、近くの大人を見て成長しますから、

ママが上品で美しい立ち居振る舞いになっていると、

自然とお子様はママのまねをして美しい仕草や

立ち居振る舞いが身に付きますね。

 

個人レッスンですので、お子さんが待っていてくれるようなら、

一緒にお越しいただいても構いませんよ。

(おもちゃなどはないので、退屈しちゃうかもしれませんが・・・)

お気軽にご相談くださいませ。

友だち追加